家事代行業者から自分に合ったサービスを受けたい場合

家事代行を依頼する前に確認すべきこと

共働き世帯の増加や介護をする家族がいるなど、核家族化により家事にかけられる時間がどんどん少なっている昨今、家事代行サービスの需要が高まりをみせています。
数多くある家事代行業者から自分に合ったサービスを受けたい場合どのような点を確認したらよいかご紹介したいと思います。

明確な料金の提示

初めて家事代行を依頼する際には料金について何を確認したらよいかそれすらわからないという方も多いはずです。
その際、まずは事前に以下の項目について確認をしておくと安心です。

・スタッフの交通費
・鍵の預かり料金
・延長料金
・スタッフの変更、指名は可能か
・時間単位の料金と最低利用時間
・キャンセルポリシー
・上記以外にかかる費用やオプション料金
・最終的に依頼する項目について発生する税込み費用

どのような仕事を依頼できるか

一時的、部分的なハウスクリーニングとは異なり日々の家事を依頼できる家事代行においては、より利用者のニーズに柔軟に対応出来ることが求められます。
依頼箇所、やってほしいことの流れなどを丁寧にヒアリングし希望に沿った内容で対応してくれる業者であるか確認しておくことも大切です。

損害賠償補償やセキュリティに対する姿勢

万が一発生してしまった破損を補償する損害賠償保険に加入しているかを確認する必要があります。
また、盗難に関しては補償が難しく利用者側に貴重品の管理をアドバイスするに留まることも多い中、スタッフの身元保証をしているなど安心して利用できるシステムを導入している会社もあります。
鍵を預ける際に書類を交わしトラブルの無いよう心掛けているところもありますのでそのようなことからも利用者の安心感に対する意識の高さを計ることが出来ます。

お試し利用をしてみる

様々な下調べをした上であっても実際のサービスについては利用してみないと分からない部分も多いのが現状です。
定期的、継続的な利用になることが多い家事代行においてはスタッフの人柄を知ることも実は重要なポイントです。
可能であれば、短期間のお試し利用ということで契約をすることもお勧めです。
継続が難しければ短期間で契約を終了させ次の業者を探すことも可能です。

生活に入ってもらう家事代行については一時的なサービス以上に事前の確認や会社の信頼度が重要であることを踏まえたうえで、是非頼んでよかった!と思えるサービスを受けてくださいね。