エアコンクリーニングを頼むときのポイント

高い場所にあることが多く女性にとって億劫で後回しになりがちなエアコンのお手入れですが、放置するとカビや臭い、アレルギー症状の悪化や電気代の上昇など良くないことだらけ。
年に一度はプロによるエアコン内部のお掃除が必要と言われています。
今回は賢くエアコンクリーニングを依頼するためのポイントについて考えてみたいと思います。

エアコンクリーニングの時期と頻度

気が付いた時にはいつもエアコン繁忙期の夏や冬がやってきてしまいクリーニングのタイミングを逃しているということはありませんか。
エアコンクリーニングに最適な時期は4~5月。
じめじめする梅雨時期には除湿機能を使うことも増えますのでその前にエアコンをスッキリきれいにしておきましょう。
また、この時期は閑散期にあたるためお得な料金設定をしている業者も多いため注目です。
そして、自分で行うフィルターの掃除とは別に年に一度はプロの手による分解掃除を依頼するようにしましょう。

どこに依頼する?

エアコンクリーニングは専門業者だけではなく、ハウスクリーニング、家事代行などの業者もエアコンクリーニングサービスを行っているところがあり選択肢は多岐に渡ります。
業者を選ぶ際エアコンクリーニングと一口に言ってもお手入れをしてくれるやり方や内容、範囲が業者により一律ではないため料金のみで損得を決めることはお勧めできません。
注文後のトラブルを防ぐためにも依頼の際には以下の点を確認するようにしましょう。

・クリーニングの流れ(できれば複数社比較して自分の希望に合っているか確認する)
・通常の内部洗浄以外に別途防カビ施工などをしてもらえるか
・対応できる機種
・クリーニング料金以外に車の駐車料金や出張料など追加で発生する料金は無いか
・どのような洗浄剤を使用するか(エアコンを傷めないもの、環境に優しいものなど洗浄剤にも特徴がある)
・料金がサービスに対して妥当であるか(通常のエアコンクリーニングの相場は1台につき1~2万円)

口コミや体験談を参考にする

色々リサーチを重ねても、実際には利用してみないと分からないというのが業者選びの難しいところです。
サイト上には特定の業者の利害に関係のない比較サイトや口コミサイトもたくさんあるため参考にしてみると良いでしょう。
また、知り合いのお勧めは信頼性が高いため数人からリサーチをして自分の希望と合わせて総合的に判断することもお勧めです。

是非、これらのポイントを参考に本格的なエアコン稼働期をきれいな空気で過ごしてくださいね。